札幌演劇シーズン2018-夏 レパートリー作品 ELEVEN NINES「12人の怒れる男」


ニューヨークの法廷。夏の暑い日。父親殺しの罪に問われたひとりの少年の審理が終わり、12人の陪審員が評決のため陪審室に集まった。陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。全陪審員一致で有罪になると思われたところ、ひとりの陪審員が無罪を主張したことから物語は動き始める……。

作:レジナルド・ローズ

翻訳:額田やえ子

演出:納谷真大

出演:江田由紀浩(ELEVEN NINES) 河野真也(オクラホマ) 久保隆徳(富良野GROUP) 倖田直機 

   小林エレキ(yhs) 斎藤歩(札幌座) 櫻井保一(yhs) 水津聡(富良野GROUP)

   納谷真大 (ELEVEN NINES) 能登英輔(yhs) 平塚直隆(オイスターズ) 箕輪直人

   明逸人(ELEVEN NINES) 山田マサル(パインソー) (五十音順/一部ダブルキャスト)

日時:8月11日(土)18時

     12日(日)14時/18時

     13日(月)19時

     14日(火)14時/19時

     15日(水)19時

     16日(木)14時/19時

     17日(金)14時/19時

     18日(土)14時

※上記は開演時間です。 ※開場は開演の30分前を予定しています。

※ダブルキャストの詳細はELEVEN NINESホームページでご確認ください。

会場:かでる2・7ホール

料金:全席指定 一般3,000円 学生1,500円

問い合わせ: ELEVEN NINES 電話 080-3263-0119/メール info@eleven9.jp

タグ:

 works 

 

 札幌で演劇制作を行うカンパニー・ラボチのホームページです。主催イベントのほか、関わる作品についての情報を公開していきます。

 ぼちぼち、いろいろ進めていきたいと思っています。お仕事大募集中です。

 

 お仕事のご相談、問い合わせは、上記コンタクトページよりどうぞ。

 RECENT POSTS: 

Copyright © 2015 rabochey All rights reserved.

  • Facebook B&W
  • Twitter B&W