【人の気も知らないで】あと二週間。


土日は、日中に横山さんによる戯曲WSを開催しました。

なごやか。

稽古場は相変わらずこの構図です。

ラストまでいきました。

稽古が始まって4〜5日ですが、

「まだ本番まで二週間あるのかー」と安心してしまう進みの早さです。

顔合わせの時からそうでしたが、相変わらず面白くなる予感しかありません。

熱い議論が交わされ、長田の秘密が明らかになる後半は、

写真を撮るのもはばかられるような緊張感。

そろそろ台本を持たずに稽古出来るようになると思うので、

そこからがまた楽しみです。

セリフ覚えは、若い方が早いと思われがちですが、

(私もそう思っていましたが)

今回の稽古を見ていると、

覚えは若い方が早いようですが、ベテラン二人の方が正確です。

意味があっていれば一つのセリフ内の言葉の順序が変わったり、

言い回しが変わってしまったり、ということもありますが、

絶対に正しく言わないといけない、というセリフも台本中には多数あります。

(中には一言一句変えるな、という作家もいるでしょうが)

そういう、このセリフは正確に、という場面を二人は外さない。

前にも書きました、演出の言葉への反応の早さ、台本の読み込みの深さも相変わらずで、

すごいなーと、ぼーっと見てしまっている最近です。

土曜日は、夕方からのスタートで早めに稽古が終わったので、

みんなで飲みに行きました。

チケットのご予約はお早めにー

 works 

 

 札幌で演劇制作を行うカンパニー・ラボチのホームページです。主催イベントのほか、関わる作品についての情報を公開していきます。

 ぼちぼち、いろいろ進めていきたいと思っています。お仕事大募集中です。

 

 お仕事のご相談、問い合わせは、上記コンタクトページよりどうぞ。

 RECENT POSTS: 

Copyright © 2015 rabochey All rights reserved.

  • Facebook B&W
  • Twitter B&W