yamada_title .tiff
notoeleki_logo_g.png
talosDMh.jp2

西暦2040年。

人類はアクトノイドと呼ばれる人造人間の発明に成功。しかし、そのプログラムに重大なバグが発見され、アクトノイドは即時回収、その姿は街から消える。


西暦2045年。

ある晩起こった殺人事件。容疑者は舞台俳優、山田タロス。被害者は女優。公演終わり、山田の楽屋に一人の男が尋ねる。北海道警察サイバー犯罪対策課、牧内。牧内は山田に二つの疑いの持つ。一つは殺人事件の犯人として。もう一つは回収されず逃亡したアクトノイドとして……。

2019年、札幌と大阪で上演した二人芝居第二弾を、札幌演劇シーズン参加作品として再演。

今回は配役を入れ替えた2パターンで上演致します。

[脚本] 二朗松田(カヨコの大発明)

[出演] のと☆えれき(能登英輔・小林エレキ)

[日時]  *配役を変えて交互上演。山田タロスを、N=能登英輔、E=小林エレキが演じます。

 

   7月17日(土)18:00 N

               18日(日)18:00 E

    19日(月)19:30 N

    20日(火)19:30 E

    21日(水)19:30 N

    22日(木・祝)14:00 E

    23日(金・祝)14:00 E / 18:00 N

    24日(土)13:00 N / 17:00 E

 

   *開場・受付開始は開演の40分前です。    

   終演後にアフタートークを開催。

     18日=ゲスト:二朗松田(カヨコの大発明)

     20日=のと☆えれき反省会

     22日=ゲスト:野村有志(オパンポン創造社)

[会場]

 

   シアターZOO

    (札幌市中央区南11条西1丁目3-17 ファミール中島公園B1F)

[料金]

 

  日時指定 一般 3,000円 学生 1,500円 (未就学児童入場不可)

[チケット取り扱い] *5/21発売開始

 

  ローソンチケット(Lコード:18001)、チケットぴあ(Pコード:506-165)、エヌチケ、道新プレイガイド、札幌市民交流プラザチケットセンター

[スタッフ]

  演出補:遠藤雷太  音楽:イナミセイジ

  舞台監督・舞台美術:高橋詳幸(アクトコール株式会社)

  照明: 相馬寛之 音響:山口愛由美

  プロデューサー:小室明子

[主催] 札幌演劇シーズン実行委員会

[問い合わせ] ラボチ  TEL.050-3698-5920  https://www.sapporo-engeki.com/contact