September 10, 2018

姉の夫はひとり暮らし。

そんな義兄のすすめで、30歳を前に独り身のあさ子は、お見合いをすることになった......

―――豆腐職人の男、文具店に勤める女、主婦、仕事を探す女、

そんな市井の人々の、かけがえない日々の物語。

作・演出:永山智行

出演:あべゆう・かみもと千春・濵砂崇浩・大迫紗佑里・中村幸(劇団ヒロシ軍)


2018年 12月1日(土)19:00

     12月2日(日)14:00★...

August 5, 2018

 劇団こふく劇場が12月に札幌で上演する作品「ただいま」は、小説のような描写を、俳優がまるでコーラスのように語り、演じます。 そこで、今回のワークショップでは「小説を演劇にする」ことに参加者のみなさんとともに挑みます。読んでも面白いものを、俳優の体を通すことで、さらに面白いものにできるか、それとも、つまんなくなってしまうのか、何はともあれ、みんなで挑んでみましょう。

講師:永山智行、あべゆう

日時...

August 4, 2018

*詳細は決まり次第公開します。しばらくお待ちください。

June 5, 2018

1984年、時任秀深は作家である妻の静を病で失おうとしていた。

静が息を引き取る前に、秀深は「二人で生活した時間を忘れない」と約束する。

やがて、友人や同僚に支えられ、教師として働く秀深の日常が戻って来る。

新入生を迎え、行事を行い、卒業生を送り出す。

心を開かない転校生の担任となった秀深は、

その母親との交流を通して、いつしか変わっていく。

当然のように笑いと涙があり、出会いと別れがある。

そして時は流れる。

...

June 5, 2018

ニューヨークの法廷。夏の暑い日。父親殺しの罪に問われたひとりの少年の審理が終わり、12人の陪審員が評決のため陪審室に集まった。陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。全陪審員一致で有罪になると思われたところ、ひとりの陪審員が無罪を主張したことから物語は動き始める……。

作:レジナルド・ローズ

翻訳:額田やえ子

演出:納谷真大

出演:江田由紀浩(ELEVEN NINES) 河野真也(オクラホマ) 久保隆徳(...

March 28, 2018

小さな国の小さな町。家業を継いだ弟の元に、歌手を目指して家を飛び出した兄が帰って来た。家族がめちゃくちゃになったことを知らない兄の様々な国をまたぐ武勇伝に、末の妹は夢中になっている。お土産は詩の書かれた一枚の紙。兄の話はどんどん飛躍していく。まるで兄の歌のように。弟は、どうせ作り話だと思って話半分に聞いている。全部嘘じゃないか。まるで兄の人生のように。

一篇の歌詞を巡る旅に出た兄と、実家にとどまり生...

March 28, 2018

チクチクと針を運ぶ。チクタクと進む秒針。2つの無関係な家庭を縫い合わせてみる。

築野家。弟と二人で母を見舞う。病室で母から紹介されたのは、「金沢さん」という俺たちの知らない初老の紳士。親父が死んだあと、親しい仲らしい。膵臓ガンを告知された母は、金沢さんと相談の結果、穏やかに最期を迎えることを選んだという。まだ治療の可能性はあるのに。なんだよ尊厳死って。誰だよ金沢さんて。

田熊家。平均寿命くらい...

November 1, 2017

「恋愛は幻想に過ぎない」が自説のシェイクスピア専門の大学教授・奥坂雄三郎は、ある日、ラジオから流れる気象予報士の声に「恋」をする。生まれて初めての感情に戸惑い、周りが見えなくなる奥坂は、これまでの持論を放り捨て、ひたすら恋に向かって暴走する!教え子や助手を巻き込んだ遅すぎる初恋は、果たして成就するのか? 主演に青年団(東京)から永井秀樹を迎えてリニューアルして贈る、弦巻楽団ウェルメイドコメディの決...

November 1, 2017


山野。男。36歳。
能力:フローズン・タイム。
読谷。男。35歳。
能力:ブレイキン・ウェイブ。ダンサー・イン・ザ・ダーク。

札幌市内が一望できるビルの屋上で対峙する二つの影。
サイキックバトルは熾烈を極め、
ビルは倒壊し、車は空を舞い、天は割れ地は裂かれる。
読谷の能力により地球が漆黒の闇に巻き込まれる寸前、
山野は渾身のフローズン・タイムを発動する。
止まった時間の中でにらみ合...

Please reload

 RECENT POSTS: 
Please reload

Please reload

Copyright © 2015 rabochey All rights reserved.

  • Facebook B&W
  • Twitter B&W